美瑛の丘の心象風景  おもちゃ屋さん日記

美瑛の丘の上にある 小さなおもちゃ屋さんからの物語

心象スケッチ

冬の兆し

▲GXR S10 フローズンリーフ すぐそこまで やってきている冬 美しく 長い冬 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

幽玄の世界

▲GXR A16 すすきの穂が ぼんやりと夕闇に浮かび上がります。 昼と夜の境目の時 幽玄の世界。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

空に続く駅があります

▲GXR A16 朝5時半 夜明けのツリーハウス「森の窓」には 空に続く駅があります。 夏には銀河鉄道が 冬にはサンタクロースの橇がやってくる駅。 秋は何がやってくるのかな おやおや もう駅のベンチにはお客様がひとり。 「おかしいな いつもはもう来るのに」 …

秋色パレット

▲GXR S10 祝日の朝 小雨が冷たく降っています。 巣箱のまわりも すっかり秋色になりました。 秋色パレットです・・・ のんびり営業しています。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

このまま まっすぐ歩いて

▲GXR S10 このまま まっすぐ歩いて 右を見たり 左を見たり また まっすぐ歩いて 右を見たり 左を見たり 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

ぼくも ブランコに のりたいんだ

▲GXR Mount A12 + COSINA VoightLander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm 「ぼくも ブランコに のりたいんだ」 子ども達が楽しそうにブランコにのっているのを 後ろからいつも見ているのは 落葉きのこ 「丘に向かって 空に向かって 雲に乗れるほど漕いでみたい。」 い…

まるで錦の帯のよう

層雲峡の紅葉は まるで錦の帯のよう 時を忘れて この景色の中に たたずむ幸い 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

すすき光

すすきの穂が 夕陽をあびて輝いて その足元 秋の虫がまだ下手な歌声で 恥ずかしそうに歌っています。 季節の中で、さまざまな命が自分の歌をうたっています 僕も与えられた季節の中で 自分の歌を歌おうと思います。 下手でもいいから 歌い出そう そう励まさ…

白い軽トラック

▲GXR A16 白い軽トラックが 夕暮れの丘を走ってゆきます。 新緑の丘に陽があたって 不思議な光景です。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛日記

雨宿り

雨が続いています 大きな葉の陰で 雨宿りをしている蝶も 葉を通った緑の光に透けています。 星空の美しい季節ですが 天の川に流れる流れ星が見えたのは たった一度だけでした。 今週末は森のお遊び会 素晴らしい星空のもと キャンプファイヤーと囲んで過ごす…

白い坂道

▲GXR A16 白い坂道が 空まで続いている 一台の小さな車が ゆっくりと登って やがて あの歌のように 空に舞い上がりそうな気がして じっと見送っています。 まだ見送っています。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛心象スケッチ

夏色の雲と 秋の雲

爽やかな日曜日の朝 麦はあたたかな色に染まって 刈り入れを待つばかり。 夏色の雲と 秋の雲が入り混じった 美瑛の澄んだ空が好きです 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛夏日記

ステキなご夫妻が森の駅に

小鳥のさえずりに包まれて ステキなご夫妻が森の窓にやって来ました。 このお二人、 僕の大好きなゴスペルシンガーなのです>< それぞれに日本中、世界中を忙しく駆け回る日々から しばし解き放たれて 緑の中で何を語っているのかな? 新しい歌が 生まれた…

麦畑の向こうは

朝霧が麦の上を覆って 麦畑の向こうは 遠い世界につながっていそう

夕凪

こんな 夕凪に 時が止まりそう 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛夏日記

雨の日の記憶

何日雨が続いたでしょうか 梅雨の雰囲気を思い出しました。 雨の日の記憶 小さな傘をさした 小さな娘と 小さな公園を散歩した記憶・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長雨日記

雨つづき

雨つづき 漕ぐ子もなく 濡れるブランコ 足元には 風もないのに ゆれる白花

どんよりと寒い朝です

どんよりと寒い朝です ここ数日、またストーブをつけています。 30℃になったかと思うと7℃の朝。 子ども会で植えた夏野菜の苗が心配です。 スズメが巣立ったあと 窓の横のシジュウカラとハシブトガラが せっせと子育てを始めました。 寒くても雛のために働き…

モノクロはとても想像力を刺激します

モノクロはとても想像力を刺激します。 もともとの写真の色彩よりも 見た方の心に映る色彩のほうが はるかに美しいことでしょう。 緑の濃さも 空の青さも 服の色さえ。。。 もしかしたら 紅葉の林の中の駅になっているかもしれません。 それが楽しい。 ナチ…

不思議な時間

メルヘン色の夕日が沈みます。 白が浮かび上がる 不思議な時間。 カナカナと蝉が鳴く中 綿毛の向こうであくびをしているのは 遠い昔の 愛しい 君か 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛初夏日記

たんぽぽの波

たんぽぽの波が押し寄せて 大味ではあるけれど なかなか春らしい景色です。 曇りの空の灰色は たんぽぽの黄色を引き立てて、 なんだかちょっと激しい色。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛初夏日記

たまには ふたりで

いつも ひとりぼっちだからさ たまには ふたりで話しながらやろうよ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

動物病院

バーニーズマウンテンドッグのグレイス 男の子らしく、甘えん坊でいろいろとやらかしてくれます。 また病院のお世話になりました。 人気の病院は待ち時間が長い長い>< 半日つぶしてしまいました。 大事に至らずほっとしています。。。 美瑛の丘のおもちゃ…

一本の白いライン

自分の生きがいを ひたすらにできたなら それは幸せなことですよね。 毎日は色々悩むけれど きっとそれは この道幅一杯にあっちにぶつかり こっちにぶつかりしているだけのこと。 振り返ると 一本の白いラインが 人生にビシッと通っている。 そんなことなの…

空の駅で待っています

空の駅のベンチで 春の訪れを待っています。 今朝は 昨夜の雪で真白。 空の駅のベンチで 春の訪れを待っています。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

頭上には雲雀が

大地が うっとりと目覚めようとしています。 畑に緑が芽生えようとしています。 頭上には雲雀が 声高らかに歌っています 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

夕暮れの幻

夕暮れの 淡い まぼろし 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長びえい心象スケッチ

春の影は薄紫

春ですよ 淡い影がゆれています 春の影は薄紫です 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

白い恋人に囲まれて

白い恋人に囲まれて 幸せそうな森の窓 こんな景色も あと少し 若葉に囲まれる景色を 夢見ながら 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛ツリーハウスブログ

すこしだけやさしく

寒さが すこしだけ やわらかくなったような 雪の角が すこしだけ まるくなったような 春が すこしだけ 近づいているような 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記