美瑛の丘の心象風景  おもちゃ屋さん日記

美瑛の丘の上にある 小さなおもちゃ屋さんからの物語

心象スケッチ

一本の白いライン

自分の生きがいを ひたすらにできたなら それは幸せなことですよね。 毎日は色々悩むけれど きっとそれは この道幅一杯にあっちにぶつかり こっちにぶつかりしているだけのこと。 振り返ると 一本の白いラインが 人生にビシッと通っている。 そんなことなの…

空の駅で待っています

空の駅のベンチで 春の訪れを待っています。 今朝は 昨夜の雪で真白。 空の駅のベンチで 春の訪れを待っています。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

頭上には雲雀が

大地が うっとりと目覚めようとしています。 畑に緑が芽生えようとしています。 頭上には雲雀が 声高らかに歌っています 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

夕暮れの幻

夕暮れの 淡い まぼろし 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長びえい心象スケッチ

春の影は薄紫

春ですよ 淡い影がゆれています 春の影は薄紫です 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

白い恋人に囲まれて

白い恋人に囲まれて 幸せそうな森の窓 こんな景色も あと少し 若葉に囲まれる景色を 夢見ながら 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛ツリーハウスブログ

すこしだけやさしく

寒さが すこしだけ やわらかくなったような 雪の角が すこしだけ まるくなったような 春が すこしだけ 近づいているような 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

春はまだ遠く

日差しがあたたかく 雪が溶けているのを感じます。 もちろん 春はまだ遠く。 遠くの丘に筋があるのが見えるでしょう あれは雪がとけて出来た筋です。 春よ 来い 早く 来い 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

ベルベットの波

風がつくりだした ベルベットの波・・・ さらさらと形を変えてゆきます。

冬の幻

ぼんやりと うっすらと 冬の霧に浮かぶ その木の下に すぐに行けそうな 永遠に行けないような 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛心象スケッチ

彩雲

彩雲 と、いうのでしょうか 雲の切れ間からもれる光が やわらかい色 冬の丘もにぎやかです。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

雪のうえ 雪のした

▲GXR Mount A12 + LEICA hektor 135mm f/4.5 厳しい冬の間 ちいさな動物たちはどうしているのでしょうか 地面はあたたかく 降った雪との間に空間があるそうです。 野ねずみはそこを生活圏にしています。 かわいいエゾリスの姿が 雪の上に見えます。 冬眠しな…

立春とは名のみの

立春とは名のみの寒さです。 でも、 木々の枝先には小さな春の芽があって 日に日にふくらんできています。 2月は僕が美瑛で一番好きな季節。 晴天が多くて気温が低く 清々しく美しい季節。 美瑛の丘の春は5月ですから まだまだ先の遠い春・・・ 美瑛の丘のお…

どこからが丘なのか

どこまでが空で どこからが丘なのか 空の模様にうっとり 日曜日の朝は 空の時間も少しゆっくり・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

天使が舞い降りました

▲GXR Mount A12 + COSINA VoightLander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm 風が作った雪の芸術。 不思議で美しい雪の壁から、 粉雪キラキラと巻き上げて 我が家の天使が舞い降りました・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

ほんの少し前

二本の木の間。 その淡い影を踏んで キタキツネが歩いていったのは ほんの少し前の事。 今日はツリーハウス『森の窓』で撮影があります。 想いのこもった素敵な写真になることでしょう。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

音さえも

しんしんと雪が積もって まるで眠っているような愛車たち。 細かい雪は砂のように 風にさらさらと流れて 何もかもつつんでしまう。 木々も 車も 音さえも

なんだかとても

にび色の空 モノトーンの絵の中の 君の美しいシルエットを見ていると なんだかとても嬉しくなるよ。 命って とても美しいんだね その命を 僕もひとつ いただいているんだなって。 なんだかとても嬉しくなるよ。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

見下ろす森は、静かなクリスマスの様相

ナルニア物語の冒頭 洋服ダンスを入っていくと現れる外灯・・・ そんなイメージの、アンティークな灯かりとベンチです。 見下ろす森は、静かなクリスマスの様相。 どこまでも続いていそうな雪の木々 ナルニア国の入り口はこんな場所かもしれません。。。 美…

そこだけに色がある

ツリーハウスに登る 虹色の梯子だけに色がある。 そんなモノクロの世界なのに 雪が積もっていると なぜだか、ふんわりあたたかく感じてしまいます。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

パステル画

美瑛の丘にはよく霧がでます。 パステル画かと思うような 幻想的な景色の道を 秋の空気をなごり惜しみながら ゆっくりゆっくり歩きます 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

眠っているのか 凍っているのか

凍てつく大地に冷たい霧。 そのむこうに ぼんやりと 何かが見えます。 眠っているのか 凍っているのか 葉の一枚も動かずに。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

ちいさな 足跡

まだ仔ぎつねでしょうか はじめての雪に戸惑うような ちいさな 足跡。 ゆるんだ雪の上を おそるおそる ちいさな 足跡。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

そこだけ

そこだけ 秋が咲いている 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

秋色に溶け込んで

早起きして作っているツリーハウス。 窓から見える木々は 緑色から黄色へやわらかく変化してゆきます。 お隣の三角のツリーハウスも すっかり秋色に溶け込んでしまいました。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

雨宿り

黒いベレー帽をかぶった 小鳥が一羽 雨宿り 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

父が亡くなって12年の歳月が流れました

父の古い友人が訪ねてくださいました。 父が亡くなって12年の歳月が流れました。 父が仕事を楽しんでいた頃の写真や論文を持ってきてくださり 懐かしい話をぽつりぽつりと聞きました。 その後 ふたりで美しい美瑛の丘の墓地へゆき しずかに墓前に瞳を閉じま…

美瑛の街にかかる虹

美瑛の街にかかる虹。 暗い空。 明日の台風 被害が少ないことを祈るばかりです・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

すすき

▲GXR A16 24-85mm きらきらと すすきの穂がひかります このすすきを 振りながら 「すすき祭り」をしていた 息子と娘を思い出し 子どもの成長の早いことを噛み締めます。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

パステル画

夕暮れに蒼い霧が流れて まるでパステル画のよう。 その中に家々の明かりが灯って まるで、天の川のよう。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記