美瑛の丘の心象風景  おもちゃ屋さん日記

美瑛の丘の上にある 小さなおもちゃ屋さんからの物語

心象スケッチ

秋色に溶け込んで

早起きして作っているツリーハウス。 窓から見える木々は 緑色から黄色へやわらかく変化してゆきます。 お隣の三角のツリーハウスも すっかり秋色に溶け込んでしまいました。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

雨宿り

黒いベレー帽をかぶった 小鳥が一羽 雨宿り 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

父が亡くなって12年の歳月が流れました

父の古い友人が訪ねてくださいました。 父が亡くなって12年の歳月が流れました。 父が仕事を楽しんでいた頃の写真や論文を持ってきてくださり 懐かしい話をぽつりぽつりと聞きました。 その後 ふたりで美しい美瑛の丘の墓地へゆき しずかに墓前に瞳を閉じま…

美瑛の街にかかる虹

美瑛の街にかかる虹。 暗い空。 明日の台風 被害が少ないことを祈るばかりです・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

すすき

▲GXR A16 24-85mm きらきらと すすきの穂がひかります このすすきを 振りながら 「すすき祭り」をしていた 息子と娘を思い出し 子どもの成長の早いことを噛み締めます。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

パステル画

夕暮れに蒼い霧が流れて まるでパステル画のよう。 その中に家々の明かりが灯って まるで、天の川のよう。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛秋日記

ひまわり畑

丘のひまわり畑が 夕日に浮かび上がっています。 夏休みに帰省している息子と娘と 3人で夕日を見ながら歩きました。 子ども達がなにやら神妙に話しています。 夕日の美しさの話かと思えば 「太陽って結構早く動いているんだな~」 とか現実的なことを言って…

安堵

▲GXR A16 24-85mm 全ての作業が終わって 安堵の表情をうかべる ゆるやかな日差しが 牧草の豊かな香を色にしている 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛画像日記

もう少しここにいさせてよ

夕暮れ近い空が黄色に透き通ります 色付く麦の穂も黄色に輝きます 「もう少しここにいさせてよ」 牧草ロールが独り残って 「もう少し黄色の丘を見ていたいんだ」 ぼんやり丘を見ています。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛夏日記

朝霧

朝 早く起きて丘へゆくと そこには 静かな時間が流れていて 夢の後咲きのような 淡い朝霧が 僕を誘う 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛夏日記

頭上の雨雲をものともせず

夏の光を感じる朝 頭上の雨雲をものともせず 緑を照らす 光 光 光。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛夏日記

タッチ

▲GXR A16 24-85mm 低く 低く 雲がたれこめて これから芽吹く丘に そっと触れる・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛日記

遠くを見つめる瞳

沈む夕日を背に 遠くを見つめる瞳には 何が写っているのか 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長バーニーズマウンテンドッグブログ

寒い夕暮れ

愛犬と一緒に寒い夕日の中を歩きます。 遠くはかすんでいて 空は絵のように綺麗・・・ ストーブをつけて あたたかい夕飯を作りましょう。 6月だというのに・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛初夏日記

長い影

長い影が 整った土の上を流れます 夕暮れというにはまだ早く 傾いた日差しはじりじりと熱い・・・ 一本の木陰に わずかな清涼を得ています。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長日記

雲の向こう

冷たい風が丘の緑を揺らしています。 寒い。 革の上着の襟を立てて空を見上げます。 恐ろしい形相の雲に 今にも飲み込まれそうな木。 葉がざわめく。。。 でもその雲の向こうには 美しい空が広がっています。 「雲は流れ去る でも空は流れない」 木は背筋を…

見上げる空

「あなたのように いくつもの季節を越えて この美しい丘で生きてみたいものですね」 タンポポはそういって樹を見つめました。 「あなたのように いくつもの丘を越えて この美しい世界を旅してみたいものですね」 樹はそういってタンポポを見つめました。 ふ…

曇りの朝

曇りの朝 麦の緑が優しいです。 晴れの日もいい。 でも曇りの日は色がやわらかくて好き。 今日はいつもより ゆっくりと歩きます・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

光に向かって

緑色の 透き通る光 このまま 緑色の光に包まれてしまいそう 爽やかな 澄んだ時間が流れています 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

山も月も僕も

オプタテシケの頂に夕日の光があたっています。 空には澄んだ月。満月には少し足りないけれどそこがいいような気がしました。 山も月も僕も満ちていないところが良いような気がしました。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛画像日記

ローラの愛した散歩道

あんまり夕陽がきれいだったから 家族で丘の小路を歩きました。 刻々と移り変わる空は本当にきれいなんだけど なぜだかとても切ないのです。 どうしてだろう そうか この道は愛犬ローラが天国に行ってから、 歩くことはなかった道。 去年の6月から、僕は歩く…

水彩画のような春の美瑛

水彩画のような春の美瑛 ゴールデンウィークに入って 観光名所では賑わいが見られます。 ここは 少し静かな場所。 ゆっくりと時が流れて 空気の色が違う気がします。。。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

空に浮かぶ島の上には

夕暮れに 美瑛の丘の上にやってきた 雲の島。 あの空に浮かぶ島の上には 森や三角屋根の家があるように見えます。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長日記

光の梯子に

ぶ厚い雲の切れ間から 光の梯子がおりてきます。 なかよく並んだ木の上に 光の梯子がおりてきます。 春を送って下さい、ここはまだ寒いのです 光の梯子に手をのばします。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛心象スケッチ

美瑛の春の激しいことよ

美しい夕焼けでした。 めずらしく暖かな夕暮れでした。 春が来たかと思えば 真白に雪が積もるし また冬かと思えば 汗ばむような日差し。 毎年の事ながら 美瑛の春の訪れの激しいことよ・・・ 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛画像日記

思い出を巡りましょう

朝目覚めると 窓の外はこんな景色。 もうじき5月だというのに・・・ 屋根から雪が落ちる音 めの前にどさどさと落ちてきます。 ふふ なんだか冬が帰ってきたようでうれしいから。 薪ストーブを焚いて クリスマスソングをかけて ゲストブックをめくりながら 楽…

冬の残り香

残雪を慈しむ。 日に日に小さくなる雪の姿。 雪が大好きなグレイスにとっても 雪が大好きな僕にとっても 見送る冬の わずかな残り香です。 親しい友が去るような 厳しい師が去るような 寂しさと、安堵の混じった心持ち。 北国の遅い春はもうすぐそこ。 もう…

美瑛の丘の春うらら

▲GXR A16 24-85mm 遠くにかすむ 富良野の北の峰 うっすらと丘に芽吹く 麦の新緑 トラクターの音 雲雀の声 美瑛の丘の 春うらら 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記

冬のオホーツク

▲GXR A16 24-85mm 冬の海 小雪が舞っています。 寄せては反す波 鉛色の砂浜 かもめが一羽・・・ もの悲しげな 冬の海が見たくて わざと海沿いの道を走っています。 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛冬日記

なごり雪

水彩画のような雪 このまま春になるかと すこし思っていたけれど そうはいきませんでした。 春の雪はまばらで 小さくて、しっとりと湿って・・・ 薄く雪をかぶる丘。 なごり雪 美瑛の丘のおもちゃ屋さん 店長美瑛春日記