読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美瑛の丘の心象風景  おもちゃ屋さん日記

美瑛の丘の上にある 小さなおもちゃ屋さんからの物語

美瑛の丘の早春賦

f:id:nijinotsumiki:20170316052330j:plain

 

 

この時期の美瑛を空から見ると

こんな模様が見られます。

 

畑の雪が早くとけるように

農家さんが様々な工夫をしていらっしゃいますが

これは籾殻を炭にした「薫炭」をスノーモービルで撒いたもの。

 

 

丸かったり

四角かったり

あまりに撒いている畑が広すぎて

その場所に立っていても全体は分からないのですが

こうして空から見ると美しいです。

 

美瑛の丘の早春賦。。。

 

 

 

美瑛の丘のおもちゃ屋さん   店長美瑛春日記

長い冬の思い出

f:id:nijinotsumiki:20170315052714j:plain

 

 

どんどん雪が溶けて
流れています。
道路の雪もなくなって
走りやすさにほっとします。


雪の下に眠っていたものが顔を出しはじめました。
子ども達と遊んだままのスコップも
冬囲いの途中のバラの樹も
なくなったと思っていた帽子も
みんな長い冬の思い出です。

 


「もう春かな」
バーニーズマウンテンドッグのグレイスも
外でひなたぼっこをしながら言っています。
大きな夕日が作る色も
どことなくかすんだ春の色。

 


今晩は薪ストーブを焚かなくてもよさそうです。

 

 

 

美瑛の丘のおもちゃ屋さん  店長美瑛春日記

雪肌

f:id:nijinotsumiki:20170314053212j:plain

▲GXR Mount A12 + Carl Zeiss Jena MC Flektogon 35mm f2.4

 

 

春が近づいてくると不思議な光景がたくさん見られます。

特に雪の織り成す日々の表情の豊かなこと。

 

今日はぽかぽかしていたので、まるで木肌のような模様です。

表面はざらめのようになっていて、固め。

凍るとまた違う表情が現れそう。

このまま春にはなってくれないことが分かっていても、

ちいさな春を見つけてときめくのです。

 

 

頭上ではニュウナイスズメのご夫妻がせっせと巣作り。

今週末の森のお遊び会で鳥の巣箱をかけようと思います。

 

 

 

美瑛の丘のおもちゃ屋さん  店長美瑛春日記

春を呼ぶ

 

f:id:nijinotsumiki:20170312211307j:plain

 

 

「春を呼ぶ」
 
お天気の良い日曜日に
雪原に響くスノーモービルのエンジン音。
ああ、春が来たんだなと感じる瞬間です。
 

雪の丘は薫炭でみるみる黒くなっていきますが、
その蓄熱効果で雪解けのスピードがぜんぜん違うそうです
北国の春は待っているのではなく「呼び寄せる」
 

美瑛の丘の大切な春の風物詩です。
 
 
 
 
 
美瑛の丘のおもちゃ屋さん  店長美瑛春日記